後藤 辰徳 株式会社浦松建設 建築部 主任

お客様の要望と建設現場との
架け橋となる責任ある仕事に
やりがいを感じています

後藤 辰徳
株式会社浦松建設 建築部 主任
2011年4月入社

浦松建設で働きたいと思ったきっかけを教えて下さい。

高校時代は建築科、大学でも建築学科とずっと「建築」に関する専門的な勉強をしていました。

大学4年の時就職支援課で弊社の求人を知り、先生のすすめもありましたが「ここなら自分が学んできたことを活かせる仕事ができるのではないか?」と思い志望したのがきっかけです。入社試験では、とても緊張したのを覚えています。

普段はどのような業務を担当していますか?

工事部内は、「建築」と「土木」の2つに分かれているのですが、私は「建築」に関する施工管理業務を行っています。簡単に言うと、お客様から発注された工事内容を精査して、下請け業者へ発注するという業務です。

施工管理は、お客様の要望を、いかに現場の職人や作業員にわかりやすく伝えるかというのはもちろん全体的な作業を把握し管理することで、質の高い工事を円滑・安全に行うための、いわば「舵取り」のような役割だと思います。

働く姿

どんなところにやりがいを感じますか?

入社して6年が経ち、いろんな現場を担当させていただきましたが、やはりお客様から「すごくいい感じになりましたね!」と喜んでいただけた時が一番嬉しいですね。完成を待ち望んでいたお客様の笑顔をみると「次の現場も頑張ろう!」という気持ちになります!

大変なときはどんな時ですか?またそれをどう改善していますか?

お客様にご納得いただけない時は悩んだりもしますが、そんな時は先輩方が厳しい中にも優しくアドバイスをしてくださるので、参考にして頑張っています。

また公共事業等、規模が大きい現場になると作成しなければならない書類の量もかなり多いので大変ですが、そこは地道にコツコツやり抜くことを心がけています。

とある一日のタイムスケジュール
  • 7:30
    担当現場へ自宅からそのまま向かう

    工事部のスタッフは、基本的には朝は担当現場へ直行することがほとんど。(現場がないときは本社事務所へ出勤)

  • 8:00
    職人たちと一緒に安全朝礼

    その日の作業内容の確認や、作業に伴う危険事項の確認などを行い、一日の作業が安全で円滑に行えるようにします。

  • 8:30
    業務開始

    作業員や職人さんが施工中に危険な作業を行っていないか、工程どおりの作業が行えているかを確認する工程管理、品質管理を行ったり写真管理に必要な箇所の写真を撮ったりなどを行います。

  • 12:00
    昼休憩
  • 13:00
    午後作業

    午前中と同様、施工管理としての様々な確認業務を行いながら、必要な書類の作成を行ったり、撮影した写真をまとめたりします。

    さらに翌日の工程管理の確認や作業終了後のチェックなども行います。

  • 18:00
    退勤

    担当現場の規模や工期によっては多少残業になる時もありますが、退勤後はご飯を食べに行ったりとプライベートな時間を過ごす日もあります。

後藤 辰徳 株式会社浦松建設 建築部 工事係

プライベートではどんなことを?

休みの日は、好きなことを思いきり楽しんでいます。最近は友達と釣りに行くことが多いです。その他は、家の古くなった場所を修理したり、棚を作ったりなどDIYなども面白くてやってます。

今後の目標などあれば教えて下さい。

一級建築施工管理技士の資格を取得したので、次なるステップとして「一級建築士」の資格を取得したいです。

最後にこれから建設業界を目指そうと思っている人へ一言!

学生時代に建築科など専門科で勉強していなくても大丈夫!どんな仕事にも言えることですが、やはり実践で学ぶことのほうが断然多いですし、先輩方も基本的にとても優しいので、やる気さえあれば絶対に道は開けると思います。

働くひとの声